カテゴリごとにスタイルシートを切り替える

うまくすれば、カテゴリごと、極端なこといえば個別の記事ごとにスタイルシートを切り替えることができそうです。いまはトップとその他のページで切り替えを実験中。

このウェブログなんかぜんぜんまとまりがなくて、雑然とした印象を与えてしまってるんじゃないかと思うんですが、カテゴリごとに見た目を変えればその辺もいくらか解消できるかも。レイアウト、コンテンツまで切り替えられればもっと面白いけどさすがに無理か。そこまでしたければ外部のサイトに飛べばいいんだし。

| | Comments (142) | TrackBack (0)

トラックバックの不思議な現象

前の記事で「優雅な生活が最高の復讐である」さんとこにトラックバックしましたが、あちらのサイトでトラックバックのポインタを表示しようとしたらできません。コメント・トラックバックを不可に設定するとそれらのリンク自体が表示されないので、単にバックナンバー設定で「個別」をチェックしておられないのだと思われます。この状態だとコメント・トラックバックのリンクは表示されますが、クリックしても機能しません。

にも関わらず現在トラックバックに成功しており、たしかにカウンタは"(1)"と表示されてます。でも実際にトラックバックを表示することはできません。クイック投稿の画面でトラックバック先を指定するとこんなことになりました。この画面ではポインタを入力する必要がなくて、記事名(?)で指定するだけ。

知らないでしたこととはいえ結果としてカウンタが増えるだけでトラックバック元を表示できないため意味がないし、意図的にトラックバック不可にする目的でこういう設定をなさってたとしたら、迷惑だったかも−。

<(__)>

| | Comments (139) | TrackBack (0)

優雅な生活が最高の復讐である

優雅な生活が最高の復讐である

ココログルランキングから名前が消えてる! ちょとびっくり。
再開楽しみにしてます。

| | Comments (239) | TrackBack (1)

無料アクセス解析いろいろ

アクセス解析つけたいなーと考えていろいろ試してみました。もちろん無料で広告がないに越したことはない。
いまつけてるスゴイカウンターにもそれなりの解析機能があるんですが、検索キーワードがわかりません。惜しい。時折壊れるのはご愛敬。

英語が苦にならなければ選択肢はたくさんあります。いくつか試してみましたが、検索キーワードが文字化けするするようです。これでは使い物になりません。残念。
http://www.circassianweb.com/tools/counter.htm

ココログでよく見かけるのは手裏剣がくるくる回る忍者TOOLSのサービス。内容は十分ですが、手裏剣が目立ちすぎかも。くるくる回らないタイプ、バナー等いくつか選択肢があります。私見ですが、最初の画面表示が比較的遅い印象があります。

これも見かけるinfoseekのサービスは、やはりバナーが画面左上にどーんと出るので人によっては嫌われやすいような。

スゴイカウンターのアクセス解析に特化したサービスもあります。これも常時画面上部の左または右にロゴが表示されます。

かなり興味を引かれたのが1番星。アクセス解析付きのカウンタで、画像の種類が1500以上。登録不要の公開型でだれでも解析画面を見ることができます。試してみると、なぜかココログでは表示できません。たまに表示されることもあるようなんですが。ココログのサーバで特定のJavascriptを通さない処理をしているのかも。最近壊れて現在プログラムの改良中というアナウンスがあるので、近い将来改善されるかもしれません。

結局、現在利用しているのは、XREA.comのサービス。広告が画面左上に細長く出ますがすぐに消えます。控えめなのがよろしい。解析内容も十分で、複数ページ対応のほか、1アカウントで複数サイトの管理ができます。閲覧者に解析ページを公開することも可。

数日前に設置した結果、リファラーの半分近くが検索エンジンから。キーワードは

 # ふた○のスピカ 13
 # Sidewinder 8
 # NS-100M 5
 # 赤い洗面器 スペイン語 3
 # トラックバックとは 3
 # SideWinder 3
 # おすぎ とどめなく 2
 # 外部スタイルシート

といったような具合。「ふたつ○スピカ」で来てくれた方、申し訳ない...

| | Comments (118) | TrackBack (1)

ココログの容量節約テク

ページのソースを表示させれば一目瞭然なんですが、ページのファイルサイズは本文+本文のrdf(概要とか)+サイドバーのhtmlなんかで、本文のサイズの数倍~場合によっては数十倍にふくれあがってます。

本文だけ保存して、ページは表示するたびに動的に作成すれば容量は無駄にならずに済みますが、サーバに負荷がかかるため、一度作成したページはできるだけ再作成しない仕組みになっているらしい。で、どのページにもサイドバーのhtmlなど共通部分が含まれて無駄が多いと。

ココログのレイアウト方法(2)ココログの管理で、表示設定のメニューの記述ミスについて(記事書いた日現在の状態)。ウェブログ>設定>表示設定>表示オプション>概要>概要の文字数の部分。文字数となっているが、これは英語の場合のワード数を指している。ので、デフォルトの40は英文のBlogの場合は適切だが、ほとんどの日本語記事は、ほぼ「全文」がRSS用のrdfメタデータとしてHTMLのコメントとして埋め込まれてしまう。ので、40ではなく、1~2にしておくのが良い。さらに「改行を反映する」を有効にしておくべし。

そしてさらに適宜記事に空行付きで改行を入れておけば、ちゃんと最初の段落(p要素1~2個)部分のみを概要文として切り出してアウトプットすることができる(でないとHTMLが異様な大きさになってしまう)。

(日々電脳天気: ココログのレイアウト方法(2))

知らなかった……。この対処ももちろん必要。画像の消し方・扱い方についてはこちらを。削除機能、早く用意して欲しい。

マイリストとかに長文(JavaScriptなんかも)を入れてると、ページが増えるにつれてボディーブロウのように効いてきます。残り容量が厳しくなってきたら、

1)バックナンバーの設定を月別にし、個別、カテゴリ別のチェックを外す
 →ページ数を減らす(ただし、「個別」のチェックを外すと記事にコメントをつけられなくなる)
2)サイドバーのコンテンツをできるだけ減らす
 →1ページあたりの容量を減らす

これやって全ページに反映させれば、かなり容量をかせげるはずです。でもそこまでして容量を抑えても使いづらくなってしまっては元も子もない、という結果になったりして

| | Comments (306) | TrackBack (8)

blogが人気を博している理由

さらに、電子メールは送ってしまえばそれまでだけど、blog なら相手がそのページに来て写真をつけ加えたりコメントを残すことができます。そこが、blog が人気を博してきている理由だと思いますね。
(blogサービス[ココログ]:@nifty:ウェブログ 虎の穴 其の一)

コメントで写真は無理だよね? デフォルトでHTMLタグ無効だし。本家では可能なのか?

それにしてもつかえばつかうほどフォーラムの優位性が露わになるような。わざわざウェブログを輸入しなくても、フォーラムをXML化してトラックバックを導入し、サイドバーと見た目をデザインできるものを個人で持てるようにすればそれでよかったような気がしてならない。記事、コメント管理はフォーラムの方が絶対強力。

| | Comments (532) | TrackBack (0)

ココログルでカテゴリ検索

いつか実現するだろうとは思ってましたが、個人でやっちゃうんだから(^^; すごい!

で、以前「カテゴリ新規作成はちょっと待て?」で心配してたことが現実化しそうな。

curryさんはある程度数が集まればオリジナルのカテゴリにも対応すると仰ってますが、いまのままではカテゴリばかり増えてなんのためのカテゴリ分類かわからなくなる可能性があります。ボルヘスの百科事典みたいな人がでてこないとも限らないし(冗談。とはいえ、デフォルトのカテゴリを一切使用せず、すべての記事をオリジナルのカテゴリだけで分類してる人が何人かいるのは事実)。

[ ミナソコノ住人: オリジナルなディレクトリ検索 ]
一つ提案というか、独自のカテゴリを作成した場合、どこか基準があった方が良い気もします。
《創作小説》や、《創作文章》では内容は同一としても、カテゴリが異なる。
自作の小説にも《長編小説》があり、《短編小説》《ショートショート》がありますものね。
いっそこの場合なら、《創作》と統一すればある程度は補完できるのかな。

もひとつ、カテゴリを階層化するのはどうでしょう。Yahoo!みたいな感じで。たとえば「文芸」という親カテゴリに「長編小説」「短編小説」「詩」といった子カテゴリを含める。

子カテゴリはシソーラスで親カテゴリに自動的に関連づけられればいちばんいいんですが、それが無理ならやはりcurryさんの手をわずらわせるほかありません。

とはいえ、自分のブログをカテゴリ検索の対象にしたいのかどうかによって対応は変わってくるでしょう。したければデフォルトのカテゴリを使用すればいいのだし。創作小説みたいな記事は用意されたカテゴリには入れにくいので、そういったものは「創作」「文芸」「文学」等みたいなのを別途作ってもらうようお願いしなければならないかも。

| | Comments (232) | TrackBack (0)

FeedDemonかなりいい

FeedDemon、さくさく動くし、使い勝手もいい。結構いいかも-。チャンネル名を入力するときに日本語が文字化けしますが、表示はぜんぜん問題ありません。メニューも日本語対応だし。
表示はデフォルトで縦3列ですが、左にチャンネル、上に記事タイトル、下に本文てレイアウトも可能。縦型ディスプレイを使ってる私にはこの方が見やすいので嬉しい。

でも、これ記事はHTMLで再現されるのに(さすがにCSSは無理)、コメントが読めない。読むためにはウェブログに飛ばないといけない。新着の判断は「記事」のみでコメントはぜんぜん別物らしい。これはココログがどうのというよりXMLの仕様ってことなのか。

追記:問題ないと思った表示だけども、ラジオボタンだけあってキャプションがなかったりとおかしなところもある……。英語メニューと比べてみないと気が付かないところもあるし-。

| | Comments (388) | TrackBack (0)

Mozilla Firebirdでココログを読む

スタッフルームでいいよ!といってたので使ってみました……が、うちでは動作が不安定でした。RSS readerプラグインが登録したウェブログの更新をチェックしにいくんですけど、これが止まらないときがある。Firebirdで見るとレイアウトが少し崩れる。ココログの新着一覧をこれで読んでみると、どうも単なるブックマークを使ってるのとあまり差がない。もちろん、逐次新しい記事に更新されるのだけれども。

私の求めているものとはちがうようです。つぎはFeedDemonをためしてみます。

| | Comments (404) | TrackBack (0)

ココログをパソ通時代のフォーラムのようにつかいたい

しばらくココログを使ってみての感想です。私はココログではじめてウェブログに触れたクチなんですが、記事とコメントにはっきりとした区別があるのが不満です。つかいにくい。ぶーぶー。コメントにタイトルをつけられない。コメントにコメントをつけられない(コメントはつねに記事にぶらさがる)。

できれば旧ニフティ(?)のパソコン通信時代におけるフォーラムのように使いたい。ほとんどのメーラーでもそうですが、本文表示部分を上下二つのフレームにわけて、上を発言とコメントのタイトルだけを表示したツリー、下にその内容を表示するというのはとても理にかなった方法です。

読み捨てられることを前提としているならまだしも、蓄積を考えた記事が増えてくると、いまのような管理方法では全体の把握がとても難しくなるのは明らか。こうした表示方法も選べるオプションをぜひ用意して欲しいです。

| | Comments (160) | TrackBack (2)